賢い住宅ローンでお気楽ライフ » 住宅ローンの悩み » 長い付き合いの住宅ローンですから

長い付き合いの住宅ローンですから

読了までの目安時間:約 2分

長い付き合いの住宅ローンですから

住宅ローンは、一生涯付き合っていかなくてはならない存在ですから、選ぶ際にはしっかりと吟味しなくてはいけません。

 

個人的に厄介だと思うのが、どこの会社でも売りにしている「変動金利制」です。ずっと固定型の金利に比べ、目先の金利は安いのでキャッチコピー等でもよく代表例にされていますが、変動金利は誰も何の保証もしてくれません。

 

金利が上がりすぎて可愛そうですね、上がらない様に交渉してきますという事など銀行は当然やってくれないのです。決まった事意外には、ノータッチが銀行ですから。

 

住宅ローンは金額が大きいので、つい目先の月々返済金額に目がいきがちですが、そういった保証が無いという事はしっかりと頭に入れておきましょう。不安が1%でもあるならば、固定性をお勧めします。ですが、銀行は基本的に変動性を勧めてきます。それは何故かといいますと、銀行もリスクを背負いたくないのです。

 

今のご時世、フラット35が出てきて銀行も対応策として固定型の種類が増えてきましたが、全期間ずっと固定型というのは銀行独自では中々、リスクが高くて扱えないのです。なので住宅金融機構を間に挟んでの、全期間固定金利制なのです。

 

これは銀行からすると、住宅金融機構を間に入れると当然儲けが少なくなります。いくらこちらがそれを希望しても、銀行の担当者に上手く丸め込まれて変動性に持ち込まれる事も多いと思います。

 

その営業マンは、何かおきても助けてはくれません。自分を助けらえるのは、自分だけなのです。リスクを軽減したいなら全期間固定型を、有無を言わさぬ態度で伝えるようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報